事業紹介

信用事業

信用事業は、貯金、貸出、為替など、いわゆる金融業務といわれる内容の業務を行っています。この信用事業は、農協・信連・農林中金という三段階の組織が有機的に結びつき、農協系統金融として大きな力を発揮しています。

貯金業務

組合員はもちろん地域住民のみなさまや事業主のみなさまからの貯金をお預かりしています。

普通貯金、貯蓄貯金、定期積金、スーパー定期、変動金利定期貯金などの各種貯金を目的、期間、金額にあわせてご利用いただいております。

貯金商品についてはこちら

貸出業務

組合員への貸出をはじめ、地域住民のみなさまの暮らしや、農業者のみなさまの事業に必要な資金を貸出しています。

また、地方公共団体などへも貸出し、地域経済の質的向上・発展に貢献しています。

さらに、日本政策金融公庫等融資の申し込みのお取り次ぎもしています。

貸出商品についてはこちら

為替業務

全国の農協・県信連・農林中金の店舗をはじめ、全国の銀行や信用金庫などの各店舗と為替網で結び、当組合の窓口を通して全国どこの金融機関へでも送金や手形・小切手等の取立てが安全・確実・迅速にできる内国為替をお取り扱いしています。

サービス・その他

当組合では、コンピュータ・オンラインシステムを利用して、各種自動受け取り、各種自動支払いや事業主のみなさまのための給与振込サービス、自動集金サービス、口座振替サービスなどをお取り扱いしています。

また、全国の農協での貯金の出し入れや銀行、信用金庫などでも現金引き出しのできるキャッシュサービス等いろいろなサービスに努めています。

共済事業

JA共済は、生命保障と損害保障の両分野の機能をあわせ持っています。組合員・利用者をはじめ、地域社会に住む皆さまの暮らしのパートナーでありたいと考えています。

人それぞれの人生設計にお応えできる安心を提供するため、JA共済では、「ひと・いえ・くるま」の生活総合保障を通じて、皆さまの毎日の生活を生涯にわたりバックアップします。

共済商品についてはこちら

営農指導事業

当地域は道内屈指の酪農専業地帯として地位を確立し、また割合的には少数ながらも畜産物や青果物を安定的に生産する食料の供給基地であります。

昨今の農業そして農協を取巻く環境はWTO/FTA交渉等、対外圧的な風の流れが加速化し、生き残りを賭けた多事多難な時代となって来ました。

組合員の営農継続と快適で安定的な生活確保の両輪を見据えつつ、安心・美味な良質乳生産活動を最大目標に経営管理の計数化や酪農基本技術の実践、乳牛疾病の撲滅、家畜の有利販売等の高生産性でゆとりある酪農経営社会を確立する為、組合員との日常的な『ふれあい』を通じ相談や助言業務を遂行し、役職員一丸となり邁進しております。

販売事業

ポジティブリスト制度を踏まえた「安全・安心」な販売物の生産出荷に努め、一元集荷と計画的な販売体制を確立し、家畜市場の情報の収集と提供を行います。

畜産販売業務

生産者(農家)が生産する乳用牛・肉用牛を系統の家畜市場を活用して有利販売と優良牛を導入し安定した農家所得を確保し地域の酪農振興の発展に努めています。

生乳販売業務

安全・安心な食糧基地としての役割を果たすため、高品質乳の生産販売に向け、自記温度計の設置及び共同検査体制の充実を図り生産者の衛生管理・防疫指導にも努めております。

集出荷体制は、業者委託により交通安全と作業事故防止に努めています。

購買事業

地域に密着した店舗経営の運営に努め、生産コスト軽減に結びつく生産資材の安定供給に努めています。

JAOCによる灯油・軽油の定期配送と安定供給に努め、サービス向上と利用者への迅速な対応に努めています。

Aコープ店舗業務

つるい店、ほろろ店、おんべつ店、以上の3店舗に於ける営業活動のもと生鮮食料品、一般食料品、日用雑貨をはじめ米、タバコ、酒類、家庭薬、園芸用品、写真、クリーニング取次ぎ等の取り扱いをし、地域の生活拠点としてニーズに応えるよう努めています。

資材店舗業務

つるい店、ほろろ店、しらぬか店、おんべつ店、以上の4店舗に於ける営業活動のもと飼料、肥料、種苗はじめ農薬、農機具、その他生産資材等の取り扱いをし、安定供給とコスト軽減に努めています。

燃料スタンド業務

つるい、ほろろ、しらぬか、おんべつ、以上の4給油所に於いて営業活動を行っています。尚、おんべつ給油所は平成18年11月よりセルフ方式体系を取り入れています。

※ガソリン、軽油、灯油、重油、LPガス等の取り扱いを行い、サービス向上に努めています。
※タイヤの注文、タイヤの交換、オイル交換もお気軽にどうぞ。

家畜改良事業

全地区農協事業として家畜改良業務に取り組んでいます。

優良種雄牛精液を選定し情報提供に努め、優秀雌牛の受精卵の採卵と移植の推進に努めます。

牛の出生、販売、死亡等に係る移動記録の徹底に努め、乳牛・和牛・馬の登録を行っています。

各種共進会への積極的な対応を行っています。

生産施設事業

組合員の酪農経営合理化を図るために、支援しております。

受託育成牧場事業

育成牝牛の預託を受け初妊牛として育成し、これを畜主に返還し、搾乳牛の増殖、更新又は販売の用に供し組合員の経営実体の搾乳専業としての効率を高めます。

哺育育成センター事業

雌子牛の預託を受け育成することにより、生乳増産、哺育・育成の労働力の軽減、後継牛の育成、初産分娩月齢の短縮等、酪農経営の支援を図ります。